春季例大祭のご案内

春季例大祭 令和元年5月1日 正午より

御神火祭 令和元年5月1日 午後6時より

熱湯行事 御神火祭終了後

 

天照教では、5月1日の春季例大祭にあわせて、御神火祭が執り行われます。昭和38年5月1日、第1回目の御神火祭が執行され、唯一の荒行として火渡り、熱湯かぶりが行われ、現在まで続いている神事です。

当時、神様のお言葉に『この先、世界各国では、様々な被害、災害が多くなる。今のうちから我に祈願することである。』と言われ、何とか不思議なお力を頂きたいとの悲願から始まったのが御神火祭であります。

我が身に生じた罪穢れを火の神様の御神徳を以って消除して頂くために行う行事であり、この火のお力を頂いて、事故や災難がないようにと祈願を書いてお願いするのがお斎木です。

本部、各教会にて授与しております。お斎木に願いを込めて、神様に願いを届けませんか?また、御神火祭のご参拝を心よりお待ちしております。

行 事 案 内

…………………………………

7月1日

月次祭 正午より

…………………………………

7月15日

感謝祭・大祓 正午より

…………………………………