境内図

御神殿

昭和46年5月16日に完成、同年8月31日に遷座祭が執り行われ、お鎮まりになりました。午前0時に旧本部を出発、午前3時より御神霊鎮座祭、阿弥陀様入魂式、午前5時頃全ての儀式が終了、300名の奉仕を頂いての儀式となりました。

 

平成23年に階段と高欄を改修し、現在に至ります。

 

福神像

昭和46年5月4日鎮座。高さ3.6メートルあり、青銅造りでは日本一の高さを誇る。

大国様、恵美須様は福の神様でありますので、どなたでもご自由にご参拝をお勧め致します。

又、縁結びの神様でもありますので、絵馬を奉納し、素晴らしい縁を頂けるようご参拝下さい。

宝の小槌

昭和53年10月1日、青銅造りで重さ2トンの小槌。

大国様、恵美須様をお参りしてから、小槌を両手で円を描くようにして撫で、福を授かる様胸に手を当ててお参り下さい。

手水舎

手水の作法

1、左手、右手の順に清めます。

 

2、左手に水を受け、口をすすぎます。

※柄杓に直接口をつけないようにしましょう。

 

3、もう一度左手を清めた後、柄杓を縦にして残った水で柄を流します。

行 事 案 内

…………………………………

11月1日

月次祭 正午より

…………………………………

11月15日

感謝祭 正午より

初代管長28年祭

…………………………………

12月1日

月次祭 正午より

…………………………………